柳家喜多八師匠を偲ぶ

先日、喜多八師匠が亡くなりましたね。

歌武蔵師匠・喬太郎師匠とやっておられた落語教育委員会。

歌武蔵師匠の後に観るとその小ささが引き立つようでした。
よく病弱ネタをマクラにされていましたが、まさか66歳で亡くなるとは。

清く、気だるく、美しく。
まさにモットーを具体化されていた方でした。
『二番煎じ』などでみせる意地汚さというか食欲の皮の突っ張ったところなんざ、好きでしたね。

喜多八師匠の『だくだく』『二番煎じ』、好きでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です