やっぱり金馬師匠は凄い

「誰を見本にするか」というのはアマチュア落語家にとっても大切な問題です。

プロじゃないんだから、各々好きにすればいいと思うのですが、とはいえ、オススメできる人とそうでない人はいらっしゃいます。

わたしが一番オススメしたいのは、なんといっても三代目三遊亭金馬師匠。
自分はこの人と入船亭扇橋師を常に心に置いて、稽古なり本番なりに挑むようにしています。

ゆったりとしていて、分かりやすく、それでいて面白い。
落語の完成形の一つを、観ているような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です